ギシギシ茶

ギシギシ茶

ギシギシ茶は、タデ科ギシギシ属の大形多年草である「ギシギシ(羊蹄/学名はRumex japonicus)」の根を原料とした健康茶です。

ギシギシ茶の原料であるギシギシは、日本ではどこででも見られる雑草ですが、生薬としては「羊蹄根(ようていこん)」として知られる優れもの。ギシギシは食用にもなり、主に柔らかい葉や若芽をあく抜きしておひたしや酢の物、炒め物や天ぷらにすると美味しく食べられます。

ギシギシ茶の主な有効成分としては、以下のようなものが挙げられます。

・アントラキノン
・エモジン
・クリソファノール
・シュウ酸カルシウム
・ネポジン
・ムシジン

「ギシギシ茶」として市販されているものはあまり見られませんが、「ダイエット茶」などにブレンドされる形でよく売られています。ギシギシ茶の効果を得たい方は、こうしたものから始めてみてはいかがでしょうか?

ギシギシ茶の効能と利用

ギシギシ茶の原料であるギシギシは、茎と茎を擦りあわせると「ギシギシ」と音がすることからこの名が付いたと言われています。ギシギシは雑草として、農業や園芸をされる方の間では何かと嫌われがちではありますが、一方でわたしたちの健康において素晴らしい働きをしてくれます。

ギシギシ茶の主な効能としては、以下のようなものが知られています。

・緩下、便秘
・血行促進

なお、ギシギシ茶の原料のギシギシの方は、生の絞り汁が皮膚病(ただれ、水虫、かぶれ、かゆみ)に効くとのことです。

ギシギシ茶は、上記のように美容に効くということで、美容、特にダイエット目的の健康茶の成分としてよく知られています。ただしダイエットを成功させるには、規則正しい生活(特にバランスの取れた食生活や適度な運動)が大前提で、ギシギシ茶はあくまでも補助的なものとして利用するのが望ましいでしょう。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶