イタドリ茶

イタドリ茶

イタドリ茶は、タデ科の多年生植物である「イタドリ(虎杖、痛取)」を原料とした健康茶です。

イタドリ茶の原料のイタドリは、一部の地方(高知県や和歌山県、三重県など)では若い茎や新芽を山菜として扱っており、生食、炒め物、漬物といった食べ方がなされています。

一方イタドリは、民間薬としても知られており、根茎をを天日乾燥させたものを「虎杖根(こじょうこん)」として利用したり、若葉を揉んで止血や痛み止めにしたりします。ちなみに「イタドリ」の名前の由来は、この「痛み取り」の効能からきています。

イタドリは「イタドリ茶」として飲むこともできます。その主要な成分としては、以下のようなものが挙げられます。

・アンスラキノイド配糖体
・イソケルシトソン
・エモジン
・クリソファノール
・フィスシオン
・ポリゴニン

イタドリ茶の効能

イタドリ茶は、健康茶としてはマイナーな部類のものですが、多くの効能があることがわかっています。

イタドリ茶の主な効能としては、以下のものが挙げられます。

・健胃
・利尿
・緩下および便秘
・じんましん
・膀胱炎
・むくみ
・生理不順

イタドリ茶には、上記のようにデトックス効果があります。よってイタドリ茶は美肌作りにも役立ちます。

またイタドリ茶およびイタドリに関しては、緑膿菌に対する抗菌作用や、急性肝炎・新生児黄疸・気管支炎・骨髄炎などに対する効果も報告されています。加えて抗腫瘍作用についての研究も進められているということです。

イタドリ茶に限ったことではありませんが、健康茶の効能は、どんな人にでも同じように現れるというわけではありません。また、症状によっては病院に行った方がいいこともありますので、特に病気の軽減目的にイタドリ茶を利用する際は、この点は注意が必要だと言えるでしょう。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶