ジャスミン茶

ジャスミン茶

ジャスミン茶は、中国茶としてよく知られているものの一つです。ちなみにジャスミン茶は、中国語では「茉莉花茶(モーリーホワチャー)」「香片茶(シャンピェンチャ)」と呼ばれます。また沖縄では、「香片茶」が転じて「さんぴん茶」と呼ばれ、よく飲まれています。

ジャスミン茶の一番の魅力は、やはりジャスミンの芳香でしょう。疲れたときなどにジャスミン茶を入れると、ギスギスした心も、何だかほぐれてゆくような気がします。

ジャスミン茶は、茶葉にジャスミンの香りを移したもので、その際の茶葉には、一般的に緑茶が使われています。よってジャスミン茶の有効成分は基本的には緑茶と同じ。ジャスミンの芳香成分と緑茶のカテキンなどの有効成分が、心だけでなく体にも作用し、健康な生活のサポートをしてくれます。

ジャスミン茶の効能と選び方

ジャスミン茶は、中華料理店でもよく出されるお茶ですが、単なる嗜好品の枠にとどまらず、健康食品・健康茶としても注目を浴びています。

ジャスミン茶の主な効能としては、以下のようなものが知られています。

・胃腸の働きの促進
・脂肪溶解
・殺菌
・アルコールの解毒
・覚醒
・リラックス作用

以上のことから、ジャスミン茶は油っぽい食物やお酒を摂る際に効果的。中華料理店で出されるのも頷けますね。また、ジャスミン茶の香りにはリラクゼーション効果もあるので、気持ちが落ち込んだときなどにもオススメです。ビタミンC、E、そしてミネラルが豊富に含まれているので、美容にも役立ちます。

ジャスミン茶の選び方ですが、ジャスミン茶は茶葉にジャスミンの香りを移したものなので、基本的には出荷時にはジャスミンの花はかなり取り除かれています。花がたくさん入っているほどジャスミン茶としては下等品とのことなので、買う際はこの点に注意しましょう。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶