生姜茶

生姜茶

生姜茶は、わたしたちにとても馴染みの深い「ショウガ(生姜)」を原料とした健康茶です。

生姜茶の原料であるショウガは、ショウガ科の多年草で、主に地下の根茎を利用します。香辛料・薬味としての使い方がポピュラーですが、その薬効も古くから知られており、生薬としては、生のものは「生姜(ショウキョウ)」、蒸して乾燥させたものは「乾姜(カンキョウ)」と呼ばれています。

生姜茶の有効成分としては、主に以下のようなものが挙げられます。

・芳香性精油(ジンゲベレン、ジンギベロール、シネオール、シトラール、カンフェン)
・辛味成分(ジンゲロール、ジョウガオール)
・ビタミン(B、C、E)
・ミネラル(カルシウム、カリウム、マグネシウム、リン、亜鉛)

生姜茶は、風邪をひいたときに効くことがよく知られています。
生の生姜は、生姜茶はもちろん、それ以外にも様々な用途があるので、ご家庭に常備しておくことをオススメします。

生姜茶の効能

生姜茶は、「生姜湯」とも呼ばれます。昔から民間薬として親しまれてきているものなので、皆さんも一度くらいは飲んだ経験があるのではないでしょうか。

生姜茶の主な効能としては、以下のようなものが知られています。

・抗酸化
・制癌
・コレステロール低下
・血圧降下
・食欲増進および消化促進、胃液分泌促進、健胃、鎮吐
・利胆
・強精
・解毒、殺菌、殺虫
・鎮咳、鎮痰
・消臭
・保温
・血管拡張
・発汗、解熱
・消炎
・鎮静

生姜茶は、具体的には、風邪(ひきはじめ)、咳、腹痛や胃炎、食欲不振、膀胱炎、神経痛、冷え症、冷えによる下痢、嘔吐や吐き気といったものに効果をあらわします。また、抗酸化作用やコレステロール低下、血圧降下といった効能は、生活習慣病やメタボリック・シンドロームの予防や緩和への作用も期待できます。

生姜茶は工夫次第(ハチミツや砂糖を入れたり、番茶や紅茶と混ぜたりなど)ではとても飲みやすくなりますし、生姜茶に限らず、生姜を摂りやすい料理は多いので、ぜひ毎日の生活に生姜を取り入れて、健康管理に役立てたいところですね。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶