ツユクサ茶

ツユクサ茶とは

ツユクサ茶とは、ツユクサ科ツユクサ属の一年生植物であるツユクサを原料とするお茶のこと。

ツユクサは、露草と書き、畑の隅や道端で見かけることの多い雑草で日本全土に自生しています。高さは15~50cmで直立することはなく、茎は地面を這うように生育。6~9月にかけて1.5~2cmほどの青い花をつけます。

ツユクサは、朝咲いた花が昼しぼむことが朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという説もあるようです。

ツユクサ茶には地上部の全草を利用。一日3回食前に飲むようにします。癖がなく上品な味わいのお茶です。いくぶん苦味があるため、蜂蜜や甘味料などを混ぜてもいいでしょう。ドクダミ、玄草、麦茶などとブレンドしてもおいしく飲めます。なお、ツユクサ茶は、あおばな茶という商品名でも販売されています。

一方、ツユクサはお茶だけでなく、和え物やおひたしなどの料理にも利用されます。

ツユクサ茶の成分と効能

ツユクサ茶は、日本各地の道端、野原の湿り気のある場所に生えるツユクサから作られた健康茶。

ツユクサは、路傍や空き地の至る所に生えており、青い花が染料として古くから利用されてきました。

ツユクサ茶の主要成分は、以下の通りです。

・デルフィニジンジグコサイド
・フラボコンメリニン
・タンニン
・デンプン
・アオバニン
・アオバノール

ツユクサ茶には、解熱の作用があり、

・心臓病改善
・腎臓病改善
・下痢改善
・神経痛改善
・むくみ解消
・利尿改善

などの効果があるとされています。

また、花と葉の搾り汁を塗れば、腫れ物、毒虫刺され、口内炎、ツユクサ茶でうがいをすれば、咽頭炎、扁桃腺炎などに良いと言われています。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶