ビヨウヤナギ茶

ビヨウヤナギ茶とは

ビヨウヤナギ茶とは、中国原産のオトギリソウ科であるビヨウヤナギを原料とするお茶。

ビヨウヤナギは、「美容柳」または「未央柳」と書きます。高さ1mほどになり、冬は半ば落葉し、初夏になると枝先に直径4~5cmの黄色の5弁の花をつけます。枝先がやや垂れ下がり、葉がヤナギに似ていることからビヨウヤナギと呼ばれますが、ヤナギの仲間ではありません。

ビヨウヤナギ茶として用いられるのは、葉、茎、花の地上部と根です。地上部は夏から秋にかけて、根は秋に採取します。

ビヨウヤナギ茶は、中国では「金糸桃(キンシトウ)」と呼ばれ、薬草として用いられています。日本では、薬草というより、花が非常に美しいため、主に切花や観賞用とされることが多いようです。

ビヨウヤナギ茶の効能

ビヨウヤナギ茶とは、オトギリソウ科オトギリソウ属の半常緑性低木であるビヨウヤナギから作ったお茶。

ビヨウヤナギは、中国原産で日本には宝永年間(1700年頃)に渡来したと言われています。夏、多数の長い雄しべが群がり立つ、黄色い非常に美しい花を咲かせます。

日本では、その花の美しさから観賞用に植えられることが多いようです。

ビヨウヤナギ茶には、根や花、葉っぱに、消炎、鎮痛、利尿などの薬効があるとされ、腰痛などの際に利用されるとのこと。また、虫に刺された際には、ビヨウヤナギの汁を塗るといいそうです。

中国ではこの花のことを「金糸桃」と言い薬草として用いられています。また、ヨーロッパでも古くから薬草として利用されています。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶