フラバン茶

フラバン茶とは

フラバン茶とは、抗酸化力の強い松ポリフェノールを凝縮した「フラバンジェノール」を含有している健康茶のこと。

フラバンジェノールとは、フランス南西部・ランド地方に生育している海岸松樹皮から抽出されたポリフェノール成分のことで、カテキンが2~3個縮合したOPCと呼ばれる物質が主成分。フランスでは、健康維持成分として認められ、30年以上も愛用されているとのこと。

フラバン茶を発売しているのは、日本では現在のところサントリーフーズ株式会社一社のみ。350ml、900mlのペットボトルで販売されています。

フラバン茶は、摂りすぎることによる弊害はありませんが、一日1本(350ml)を目安に、食前でも食後でも好きなときに飲むといいでしょう。

いくぶん甘い香りがし、味もさっぱりとしたフラバン茶は飲みやすく、温めても、冷やしてもOKです。

フラバン茶の成分と効能

フラバン茶とは、サントリーフーズ(株)から発売されている、松ポリフェノールを凝縮したフラバンジェノールが含まれたペットボトル飲料。

フラバンジェノールは、別名ピクノジェノールと呼ばれ、発見者はフランスのボルドー大学マスケリエ博士。1947年に発見されて以来、フランスでは健康維持成分として認められ愛用され続けています。

フラバンジェノールは、「医者いらず」と称されるほど健康をサポート。そんなフラバンジェノールを含んだフラバン茶の主要成分は、

・ナトリウム
・ビタミンC 
・フラバンジェノール

フラバン茶に含まれる、フラバンジェノールは抗酸化力に優れ、細胞内のビタミンEを酸化から保護、酸化してしまったビタミンCを再生する働きがあります。そのため、フラバン茶には、紫外線や活性酸素から肌を守り、皮膚を形成するタンパク質のコラーゲンを高め、肌に弾力をもたらす効果があります。また、血流を改善し、血管を保護する作用があるため、循環器系の疾患の予防にもなります。

フラバン茶は、偏った食事など不健康な生活を送りがちな現代人にはオススメの健康茶と言えるでしょう。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶