黒豆茶

黒豆茶とは

黒豆茶とは、大豆の品種の一つである黒豆を原料としたお茶。

黒豆は黒い色をしているところから黒豆と呼ばれており、おせち料理には欠かせない食材ですね。

黒豆の代表的な品種としては、兵庫県の「丹波黒」、京都府の「和知黒」「紫ずきん」、岡山県の「作州黒」、北海道の「早成光黒」「中成光黒」「晩成光黒」などがあります。

市販されている黒豆茶には、丸状のもの、粗引きのもの、粉末状のものがあり、それぞれ味が異なります。また、焙煎が強いものと弱いものがあり、強いものには苦味があります。いずれにしろ好みで選ぶといいでしょう。

飲み方は、粉末状のものはそのまま熱いお湯を注いで飲めばOK。丸状のものまたは粗引きのものは、熱湯を注ぎしばらく置いてから飲んでもいいし、煮出してもいいでしょう。

残った黒豆は捨てずに、水を足して砂糖などで味付けし、1時間ほど煮出すとおいしい煮豆になります。ぜひ試してください。

黒豆茶の成分と効能

黒豆茶とは、黒大豆(くろだいず)とも呼ばれる黒い色をした大豆から作った健康茶。

黒豆と聞けば、黒豆ココアをイメージする人が多いのではないでしょうか。口当たりの良いこの商品は年齢を問わず多くの人から指示され大ヒットとなりましたが、黒豆は健康に良いことでさまざまな商品が出ています。

黒豆茶も人気商品の一つでたくさん種類が出ており、ノンカフェインのため子どもから老人、妊婦まで安心して飲むことができます。

栄養価が高い大豆の中でも黒豆は特に健康に良いとされる成分が含まれています。その主な内容は、、

・たんぱく質
・炭水化物
・ナトリウム
・カリウム
・アントシアニン 
・イソフラボン
・シアニジン 
・サポニン 
・レシチン
・食物繊維
・ビタミンB群

黒豆茶には、抗酸化作用や動脈硬化や高血圧を予防する効果があるとされ、その効能には、

・肝機能強化
・更年期障害の緩和
・骨粗鬆症の予防
・美肌、美白効果
・老化防止
・生理不順改善
・視力の向上
・便秘の解消
・ダイエット効果
・動脈硬化予防
・健胃作用
・前立腺がん、乳がん予防
・骨粗しょう症予防
・肩こり改善

などが挙げられます。

血液をサラサラにしてさまざまな病気の原因から解放してくれる黒豆茶、香ばしくてクセの少ない味も魅力の一つと言えますね。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶