ダイコンソウ茶

ダイコンソウ茶とは

ダイコンソウ茶とは、北海道から九州まで全国の山野、道端などどこにでも生えているバラ科のダイコンソウを原料とするお茶。

ダイコンソウは、名前の通り葉っぱがダイコンの葉に似ている植物で、6~9月に黄色の直径2?くらいの花を咲かせます。

ダイコンソウ茶は、6~7月の花が咲いている時期に全草を採取し、水洗いした後、天日で乾燥して、2~3?に断裁したものです。

ダイコンソウ茶は、1日4~6gを朝夕食の30分前に服用するのがGood。食欲不振、消化不良に効果があるとされています。ただし、アレルギー反応を起こす場合があるので服用するときは、専門の人に相談してからにしましょう。

またダイコンソウは、生の葉や煎液を塗り、腫れ物や打撲傷の外用薬としても用いられます。

ダイコンソウ茶の効能

ダイコンソウ茶とは、バラ科の多年草である、ダイコンソウから作った健康茶。

ダイコンソウは、全国の山野や道端などに普通に見られる雑草で、北海道から九州まで、また、朝鮮半島、中国などにも分布しています。

ダイコンソウ茶は、別名頭暈薬(ずうんやく)とも呼ばれ、老人の眩暈の治療薬として有名。

ほかに、ダイコンソウ茶には解毒作用があり、

・腎臓機能改善
・四肢倦怠感解消
・インポテンツ改善
・腹痛解消
・月経不順改善
・糖尿病改善
・夜尿症改善
・鉄分不足解消

にも効果があるとされています。

特に、ダイコンソウの花盛りの時期に採取されたダイコンソウ茶は、腎臓機能の低下や低血圧、鉄分不足などの解消に良いと言われています。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶