ギョウジャニンニク茶

ギョウジャニンニク茶とは

ギョウジャニンニク茶とは、近畿以北の日本海沿いの山岳地帯や北海道に見られる山菜で、ユリ科ネギ属の多年草を原料とした健康茶。

ギョウジャニンニクは、行者ニンニクとも表され、昔修行僧などが山にこもって修行をした際に食して性をつけたそうです。地下にある鱗系にはその名の通りニンニクに似た辛みがあります。

ギョウジャニンニク茶は、茎と葉を4~5月に採取したものを日干しにして乾燥させたものです。ドクダミや杜仲茶などとブレンドして飲んでもOK。

ギョウジャニンニクは、ニンニクの成分に近いため、ニンニクやネギと同じく強烈な匂いがあります。また、食べたときの風味もニンニクに近く、さまざまな料理に利用されています。成分を利用した健康食品も多くの種類が販売され、人気があるようです。

ギョウジャニンニク茶の成分と効能

ギョウジャニンニク茶とは、別名アイヌネギとも呼ばれる、ユリ科の多年草であるギョウジャニンニクから作ったお茶。

ギョウジャニンニクは、ネギの仲間で甘くツンとした臭いが特徴で、さまざまな料理に利用されるばかりでなく、薬用としても発汗・整腸・強壮などに用いられています。

ギョウジャニンニク茶に含まれる成分には主に、

・アリシン
・チオエーテル
・硫化アリル

などがあります。特にアリシンがニンニクよりも豊富で、抗菌作用やビタミンB1活性を持続させ、血液をサラサラにして血圧を安定させるうえ、視力の衰えも抑制する効果があるとされています。

ギョウジャニンニク茶の効能としては、

・滋養強壮
・血圧安定
・眼性疲労
・強精
・疲労回復
・視力改善
・糖尿病改善
・通風改善
・リウマチ改善

などが挙げられます。

夏には背丈が50cmほどになり、葱坊主のような球状の白い小さな花を咲かせるギョウジャニンニクは、種子から芽を出して食べられるようになるまでに5~6年もかかるという、貴重な山菜です。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶