ソバ茶

ソバ茶とは

ソバ茶とは、穀物のそばの実を脱皮、焙煎加工したお茶。

ソバ茶は、ソバ独特の香味がありますが、産地や製法で香りが微妙に違います。中国の「ダッタンそば茶 」は、動脈硬化に良いとされるルチンが豊富なことで知られています。

ソバ茶の作り方は、種実が黒褐色になったら刈り取り、種実だけにして、むしろなどに広げて天日で乾燥します。

ソバ茶の飲み方は、やかんに水1リットルにつき、大さじ1~2杯のソバ茶を入れ沸騰させ、泡が吹き出る程度の弱火で約8分ほど煮詰めます。急須の場合は、大さじ1杯(6~7g)を入れ、熱湯300mlを注ぎ、20~30秒くらいおいてから飲みます。

ソバ茶は、ソバの実の炒った香りが香ばしく、さっぱりした味わいです。カフェインが含まれおらず飲みやすいので、子どもから老人まで誰でも飲むことができるでしょう。

ソバ茶の成分と効能

ソバ茶は、ソバの実の殻を取り除き、それを炒って作った健康茶。

ソバは、ざるソバや天ぷらそば、掛そばなど日本人の食生活には欠かすことができない食べ物ですね。自称ソバ通なる人もいるようです。

ソバ茶には、毛細血管を強化し、血圧を下げる効果があり、ダイエットにもいいとのこと。ソバ茶の成分には、

・ルチン
・クエルチトリン
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・タンパク質
・脂肪
・良質のデンプン
・カリウム

などが挙げられます。特に生活習慣病を予防する作用のあるルチンが多く含まれており、ソバ茶の効能としては、以下が挙げられます。

・動脈硬化の予防
・毛細血管の強化
・血圧降下
・脳出血の予防
・脳梗塞の予防
・心筋梗塞の予防
・血液サラサラ効果
・高血圧の予防

ソバに含まれるルチンは水に溶けやすいという性質があります。ルチンをたくさん摂るために、ソバを食べた後は必ず「ソバ湯」を飲むようにしましょう。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶