オタネニンジン茶

オタネニンジン茶とは

オタネニンジン茶とは、根が不老長寿によいとされているウコギ科の植物、オタネニンジンを原料とするお茶。

オタネニンジンは、別名朝鮮人参、高麗人参などと呼ばれており、こちらの呼び方のほうが一般的ですね。

オタネニンジンは、何千年もの昔から中国で栽培されており、若さを保つための活性効果のある万能薬として、かつては非常に高価でした。

事実オタネニンジンは、身体機能に向けて全身機能を活性化させる働きを備え、非常にたくさんの栄養成分を含んでいます。

オタネニンジン茶として用いるには、5年以上経った根を秋に掘り起こします。よく水洗いした後、刻んで天日の干します。

オタネニンジン茶の飲み方は、1日5~10gの刻んだ人参に500mlの水で煎じ約半量にして、こしてから3回に分けて服用します。

非常に体にいいオタネニンジン茶ですが、元気な人が飲用すると鼻血が出たり、頭痛となったりすることもあるようです。元気な人には必要のないお茶と言えるでしょう。

オタネニンジン茶の成分と効能

オタネニンジン茶は、日本では朝鮮人参として知られているオタネニンジンから作った健康茶。

オタネニンジンは、古くから薬効が知られ珍重されていますが、栽培が困難なため、高値で取引されています。現在もかつてほどではなくなったものの、オタネニンジンは高級品です。日本では福島県会津地方、長野県東信地方、島根県松江市大根島(旧八束町)などが生産地。

オタネニンジンは、強壮薬の代表とされ精神的にも肉体的にも活力を増強して不老長寿、強精などを目的として利用されています。そんなオタネニンジン茶には以下のような成分が主として含まれています。

・20種類以上のジンセノサイド
・サポニン配糖体
・トリテルペン配糖体
・βシトステロール
・パロキシノール
・精油
・ビタミン
・ミネラル

オタネニンジン茶の効能としては、

・滋養強壮
・強精
・健胃
・整腸
・貧血改善・貧血解消
・冷え性の改善
・血行促進
・高脂血症の予防
・血栓の予防
・糖尿病の予防
・血液の浄化
・免疫力増強(病気に対する抵抗力を強める)
・ガンの予防
・高血圧の予防

などが挙げられます。

オタネニンジン茶は、元気が不足気味の現代人にはまさに最適な飲み物。
不規則な生活が続くときや疲れを感じるとき、ぜひどうぞ。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶