ニワトコ茶

ニワトコ茶とは

ニワトコ茶とは、本州から南西諸島に分布するスイカズラ科の落葉低木、ニワトコを原料とするお茶。

ニワトコは、明るい丘陵帯から山地帯の山野の林縁など、比較的水分条件や土壌条件が良好な場所に生育。高さは2~6mになり、根元から勢いのある太い茎が出て株立ちとなります。4月の終わり頃にクリーム色の小さな花をたくさん咲かせ、5月の終わり頃には赤く熟して美しい実をつけます。

ニワトコ茶は、茎と花をお茶にします。花は4月ころの開花する直前に採取。茎は7~8月に採取。どちらも陰干しにして乾燥させます。

ニワトコ茶の飲み方は、発汗、解熱、むくみ、利尿などには、花のほうを一日に5gに400mlの水を加えて、半量になるまで煮詰めてから3回に分けて飲みます。むくみ、利尿には、茎のほうを一日量10g、水400mlを半量まで煎じて服用します。

ただし、胃の弱い人は嘔吐することがあるので注意が必要。また妊婦も控えたほうがいいでしょう

ニワトコ茶の成分と効能

ニワトコ茶は、スイカズラ科ニワトコの茎と花を乾燥した健康茶。

ニワトコは、生薬名はセッコツボク(接骨木)と言われ、森林に生える野生のものから、公園や庭に植えられるものもあります。

ニワトコ茶の成分には、以下のようなものがあります。

・フラボノイド
・タンニン
・トリチルペノイド
・ケンフェノール
・クエルセチン
・硝酸カリウム
・有機酸塩
・オレアノール酸
・ウルソール酸

ニワトコ茶には、利尿、鎮痛、去痰、消炎、止血、解熱、発汗作用などがあり、

・リウマチ
・風邪
・神経痛
・腎臓病
・利尿作用
・打撲傷
・ねんざ
・発汗作用
・むくみ解消
・便秘の解消

などに良いとされています。

なお、ニワトコ茶には人により合わない場合があるので、飲用する際には、少し飲んでみて様子をみるようにしましょう。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶