ミツバ茶

ミツバ茶とは

ミツバ茶とは、セリ科の多年草であるミツバを原料とするお茶。

ミツバは、本州~四国・九州の山地の日陰に自生していますが、栽培も行われています。おひたしやおすましなど食卓によくのるので、誰もが知っていることでしょう。

ミツバは料理によく使われ、スーパーや八百屋さんでも売っていることから野菜と思っている人が多いかもしれませんが、ミツバはれっきとした山菜です。

ミツバという名前は、葉が3つに分かれていることに由来。6~8月に白い小さな花を咲かせます。

ミツバ茶は、6~8月の開花時期に、地上部の全草を採取し陰干しにして作ります。

ミツバ茶は、一日10~15gを水役400mlに入れ、約3分の1になるまで煎じて、食間に3回に分けて飲むといいでしょう。

ミツバ茶の成分と効能

ミツバ茶は、日本原産で北海道を除く全土に生えているミツバから作った健康茶。

ミツバは、なじみの深い植物で香りに特徴があり、おひたしや汁の実、天ぷら、和え物、薬味としてなど調理法もさまざま。自生以外栽培もされています。

ミツバ茶には、主に以下のような成分が含まれています。

・メシチルーオキシド
・イソメシチルーオキシド
・ジペンテン
・クリプトテーネン
・ミツバエン
・ビタミンA
・ビタミンC
・ミネラル類
・カルシウム
・鉄分

ミツバ茶には、消炎解毒作用や血を促進する働きがあるとされ、主な効能には以下が挙げられます。

・血行促進
・解毒
・消炎作用
・はれもの
・貧血改善・貧血解消
・不眠解消
・鎮静作用
・食欲増進

さらにミツバ茶には、子どもの夜泣き、癇の虫にも良いとされています。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶