フジバカマ茶

フジバカマ茶とは

フジバカマ茶とは、キク科の多年生植物であるフジバカマを原料としたお茶。

秋の七草の一つであるフジバカマは、本州・四国・九州、朝鮮、中国に分布しており、原産は中国と言われています。

フジバカマは、草丈1mくらいで、茎の上部には毛があります。8~10月に淡い紫紅色の小さな花をたくさん咲かせます。

フジバカマ茶を作るには、8~9月のつぼみをつけた頃に収穫。地上部の茎葉を刈り取り、1~2日ほど天日で干して香りが出たら、風通しの良いところで陰干しします。

フジバカマ茶は、一日量5~10gを約400mlの水半分になるまで煎じて、食間3回に分けて飲用。

フジバカマは、乾燥すると桜餅の葉のような芳香を放ちます。お茶ももちろん桜餅の香りがし、少し懐かしいようなゆったりとしたくつろぎタイムを与えてくれます。

フジバカマ茶の成分と効能

フジバカマ茶は、野生種が絶滅の危機に瀕しているというキク科の植物、フジバカマから作った健康茶。

フジバカマは、日本では関東以西の日当たりの良い川縁の土手などに野生していますが、九州では野生種は絶滅しているそうです。

フジバカマ茶の主要成分は、

・クマリン配糖体
・オルトクマリン酸
・精油チモヒドロキノン

フジバカマ茶の効能としては、

・解熱作用
・生理不順改善
・婦人病改善
・糖尿病改善
・腎炎改善
・利尿作用
・肩こり解消
・疲労回復

などが挙げられます。

フジバカ茶は、乾燥させるとほんのり桜餅の香りがしますが、これはクマリンという成分の影響。かつては着物の袂に入れたりして楽しんだようです。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶