カキドオシ茶

カキドオシ茶とは

カキドオシ茶とは、シソ科のつる性多年草であるカキドオシを原料にするお茶。

カキドオシは、日本全土の日の当たる路傍や山野に自生しています。茎は初めはまっすぐに伸びますが、花が咲くと地表に倒れて、つるとなり長いものでは1mにもなります。このつるが垣根を越えてどんどん伸びることから「カキドオシ」の名前がついたとか。

カキドオシの葉の縁には大きな鋸歯があり、もみつぶすと独特の芳香が漂ってきます。4~5月ころに淡紫色の花を咲かせます。

カキドオシ茶にするには、4~5月の花の咲いている時期に全草を刈り取り、水洗いして陰干しにします。

カキドオシ茶は、一日に10~15g水約600mlに煎じて、3回に分けて服用。

小児の疳(かん)や虚弱体質には、一日量5gを煎じて3回に分けて食間に服用させます。苦味が強いのでハチミツなどを加えて飲ませるといいでしょう。

カキドオシ茶の成分と効能

カキドオシ茶は、草地に普通に自生する多年草のカキドオシから作った健康茶。

カキドオシは生薬名を銭草(れんせんそう)と言い、また、子どもの、かんを取り除くことから、疳取草(かんとりそう)という呼び方もあります。

カキドオシ茶には以下のような成分が含まれています。

・ウルソール酸
・リモーネン
・ピノカンフォン
・リナロール
・コリン
・タンニン
・揮発油
・メントン
・プレゴン
・ピネン
・パラシメン
・イソメントン

カキドオシ茶の主な効能としては、

・糖尿病の予防
・腎臓病改善
・膀胱結石改善
・湿疹改善
・小児の疳改善
・虚弱体質改善

などが挙げられます。カキドオシ茶には、副作用がないので長期間飲み続けても大丈夫です。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶