ジュズダマ茶

ジュズダマ茶とは

ジュズダマ茶とは、水辺に群生するイネ科の植物、ジュズダマを原料とするお茶。

ジュズダマの実は、かつてお手玉の中に入れて子どものおもちゃになっていました。もともとは熱帯アジア原産の植物。日本では古い時代から栽培され、現在はそれが野生化しています。

ジュズダマは、葉が細長い皮針形をしており、8~9月に上部に雌花、雄花を数個つけます。果実は、最初は緑色ですが、それから黒色に変わり、やがて艶のある灰白色になります。

ジュズダマ茶は、果実を天日に干し乾燥させたもの。

飲み方は、約10~30gを水600~800mlの中に入れて弱火で約20分程煎じて一日数回服用します。粉末の場合は、一日2~4gを目安に服用するといいでしょう。

なお、ジュズダマ茶は、ハトムギ茶やヨクイニン茶の代用として用いられることが多いようです。

ジュズダマ茶の成分と効能

ジュズダマ茶は、水辺や川岸などに自生する多年草の植物であるジュズダマから作った健康茶。

ジュズダマの名前の由来は、固く黒くなった実を子どもたちが数珠を作って遊んだことから来ています。

ジュズダマ茶の主要成分は、以下の通りです。

・コイクソール
・グリセリド
・コイキセノリド
・スチグマステロール
・シトステロールタンパク質
・脂肪
・塩化カリウム

ジュズダマ茶の主な効能としては、

・肩こり解消
・神経痛改善
・リウマチ改善
・イボ取り効果
・滋養強壮
・利尿
・むくみ解消
・肌荒れ解消

などが挙げられます。

ジュズダマ茶は、ドクダミ、玄草、麦茶など他の薬草と一緒に煎じるとさらにいいでしょう。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶