ツルナ茶

ツルナ茶とは

ツルナ茶とは、海辺の砂地に自生する多年草であるツルナを原料とする健康茶。

ツルナは、日本全土の海岸に普通に見られ、浜辺に蔓(つる)のように群生しています。春から秋の間、小さな黄色い花を咲かせ、果実には4~5個の刺状(とげ)の突起があり、ヒシの実に似ています。 別名ハマジシャ。

ツルナは、江戸時代から食べられている野菜の一つで、現在も野菜の直売所などでは頻繁に見ることができます。

ツルナ茶は、夏から秋の花の咲いているときに全草を採取して、よく洗い日干しにし、煎じて飲みます。

ツルナ茶の飲み方は、1リットルのやかんにひとつかみ(5g程度)のツルナ茶を入れお湯が沸騰して3分程度煎じて出来上がり。夏などには冷蔵庫で冷やしてもOK。便秘で悩む人は一日に1リットルは飲むようにしましょう。

ツルナ茶の成分と効能

ツルナ茶は、ツルナ科の多年草であるツルナから作った健康茶。

ツルナ茶は非常に栄養価の高いお茶で、その成分には、

・食物繊維
・たんぱく質
・カルシウム
・レシチン
・テトラゴニン
・ビタミンA(βカロチン)
・ビタミンB
・ビタミンC
・鉄
・マグネシュウム
・銅
・亜鉛
・マンガンなどが含まれています。

特にβカロチンはキャベツの54倍、ビタミンB3(ナイアシン)はレモンの10個分も含まれているとのこと。

ツルナ茶の効能としては、

・胃酸過多改善
・健胃
・胃炎改善
・胃潰瘍改善
・十二指腸潰瘍改善
・腸炎改善
・胸焼け改善
・胃、食道ガン予防
・腫れ物解消

などが挙げられます。

また、最近は、便秘やコレステロール、血圧などが気なる人、アトピー皮膚炎で悩んでいる人にも良いと言われています。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶