スミレ茶

スミレ茶

スミレ茶は、スミレ科スミレ属の植物のうち、「Viola mandshurica」という種を利用して作られる健康茶です。

スミレ茶の原料となるスミレは、全国に自生している、日本人にとっては馴染みの深い野草の一つ。スミレの可憐で美しい花は多くの人に愛されており、歌や文学作品にも数多く登場します。またスミレは山菜としても重用されてきました。

スミレ茶は、スミレの薬草としての性質を利用したものです。
スミレ茶の成分としては、主に以下のようなものが知られています。

・ルチン
・ビオルシド
・ビタミンA
・ビタミンC

これらの成分の中でも、特にルチンは抗酸化物質として注目されており、健康を維持するために様々な良い効果をもたらしてくれます。スミレ茶はまた、リラクゼーション効果もありますので、ぜひ生活に取り入れたいですね。

スミレ茶の効能と作り方

スミレ茶の効能としては、主に以下のようなものが知られています。

・のぼせ
・不眠症の改善
・便秘解消
・毛細血管の強化および脳出血の予防
・老化防止
・高血圧や動脈硬化の予防
・アレルギー

スミレ茶は、スミレの全草を乾燥させるか、梅酢と塩で漬けたものが知られています。
後者はちょうど桜茶と同じですね。スミレ茶は簡単に作ることができますし、とても美しいものですので、スミレ茶の作り方を簡単に説明しましょう。

○乾燥タイプ

 スミレの全草を水洗いし、日干しにする。

○桜茶タイプ

 1) スミレの花だけを用意し、水洗いの後、水を切ってたっぷりの梅酢に一日漬ける

 2) 梅酢から取り出して半日ほど陰干し

 3) 干した花を粗塩に埋める

いずれのタイプも、熱湯を注いで楽しみます。
ただしスミレに限らず、野草を利用する際は、くれぐれも毒には気をつけてください(スミレ科植物にも有毒のものがある)。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶