キンモクセイ茶

キンモクセイ茶

キンモクセイ茶は、モクセイ科モクセイ属の常緑樹であるキンモクセイ(金木犀)の花を乾燥させて作った健康茶です。

キンモクセイ茶の原料であるキンモクセイの原産地は中国の桂林地方。日本に伝わってきたのは江戸時代のことです。キンモクセイ茶は桂花茶(グイファチャア/けいかちゃ)とも呼ばれ、そのまま飲んだり、ウーロン茶などの他のお茶とブレンドして楽しみます。

そんなキンモクセイ茶ですが、主に以下のような成分が含まれています。

・リナロール
・β-イオノン
・リナロールオキシド
・α-ツヨン
・ステアリン酸
・パルチミン酸
・トリアコンタン

キンモクセイ茶は単に香りを楽しむだけでなく、様々な体の不調にも役立てることができます。純粋なキンモクセイ茶からブレンドしたものまで、様々な商品が出回っているので、お好みのものを選ぶといいでしょう。

キンモクセイ茶の効能と飲み方

キンモクセイ茶はその甘く優しい香りから、ハーブティーとして人気があります。ハーブティーというと、ファッションでティータイムに何となく飲んでいる人も多いですが、キンモクセイ茶は効能という点においても優秀なので、どうせならこの効能もしっかり利用してしまいましょう。

キンモクセイ茶の主な効能としては、以下のようなものが知られています。

・低血圧の改善
・不眠症
・健胃
・整腸
・精神の安定

キンモクセイ茶の入れ方は簡単で、緑茶と同じ要領です。大さじ約2杯のキンモクセイ茶につき熱湯100ccが目安で、同じ茶葉で5煎くらいまで楽しめます。ちなみに、お茶を入れる前に急須や茶碗を熱湯で温めておくと、キンモクセイ茶の香りがより楽しめるようになります。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶