グァバ茶

グァバ茶

グァバ茶は、熱帯アメリカ原産のフトモモ科バンジロウ属の植物「グァバ」の葉を用いた健康茶です。ちなみにグァバの和名はバンジロウ。

グァバ茶の原料であるグァバの果実は食用で、そのまま生で食べる以外にも、キャンディーやゼリー、ジュースなどといった加工品にされ、とても人気があります。一方グァバの葉にも様々な薬効があるため、グァバ茶は健康食品としての価値が高いものと言えるでしょう。

グァバ茶の主な成分としては、以下のようなものが挙げられます。

・クエン酸
・シュウ酸
・乳酸
・リンゴ酸
・ギ酸
・ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB群
・タンニン(ポリフェノール化合物)
・セスキテルペン(精油)

またグァバ茶には、上記以外にもインスリン様成分や芳香族化合物、各種ミネラルも含まれます。グァバ茶は他の健康茶同様に、医薬品ではありませんから、毎日摂りたい方は、ティータイムなど好きな時に飲むといいでしょう。アルカリ度が高いので肉料理の後にもオススメです。

グァバ茶の効能

グァバ茶は、ほのかな甘みがあり、健康茶としては割と飲みやすいものだと思います。とはいえ、グァバ茶の葉には独特のえぐみや渋みがあるため、あまり長い間煮立てると渋みが強くなりますので、この点は注意が必要です。

グァバ茶の主な効能としては、以下のようなものが知られています。

・アレルギー性疾患全般
・かゆみ、湿疹、やけど、ニキビなど、皮膚のトラブル
・風邪
・腸炎(急性または慢性)
・消化性潰瘍
・赤痢
・糖尿病や高血圧など、生活習慣病の予防
・整腸および健胃
・疲労回復

グァバ茶にはメラニン色素の生成を抑制する酵素が含まれているため、シミやソバカス対策にも良いようです。

グァバ茶は多くの人に有効ではありますが、以下の人は飲むのをひかえてください。

・妊婦(流産の危険がある)
・鉄剤を服用中の貧血の人(タンニンが鉄の吸収を阻害する)



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶