柿の葉茶

柿の葉茶

柿の葉茶は、カキノキ科カキノキ属の落葉樹である「柿」の葉を日干しにして作られた健康茶です。

柿といえば、やはり果実ですね。甘柿をそのまま食べるのも美味しいですが、干し柿やジャム、ゼリーなどの加工品もいいものです。そんな柿ですが、葉っぱの方も様々な効能があるということで、昔から重用されてきました。よって柿の葉茶は、柿の葉の恩恵をお手軽に享受するための理想的なかたちと言えるでしょう。

柿の葉茶の主な成分としては、以下のようなものが挙げられます。

・ビタミンC
・ウルソール酸
・グルコサイド
・ケンフェロール
・クエルセチン
・オレアノール酸
・ベツリン酸
・ウバオール
・ヒドロキシウルソール酸
・ルチン

柿の葉茶のビタミンCは「プロビタミンC」という形に含まれているので、熱に強く、お茶にしてもほとんど壊れません。また、クエルセチン・ルチン・ケンフェロールは、いずれも血圧を降下させる作用があります。

柿の葉茶の効能

柿の葉茶の原料となる柿の葉は、その殺菌効果から「柿の葉寿司」や和菓子の添えものなどに利用されてきました。もちろん柿の葉茶として摂取しても、様々な効能が期待できます。

柿の葉茶の主な効能としては、まずは豊富なビタミンCによるものが挙げられます。たとえば、

・歯の発育
・皮膚の細胞の保全による、肌のトラブルの予防と除去
・抵抗力の強化
・酸素の新陳代謝
・血球の再生、血圧の安定化、血液の凝固を早めるなど、血液や血管の健康全般への作用・ガンの予防(活性酸素の除去)

などが挙げられます。また、柿の葉茶の他の成分においても、主に以下のような効能が。

・様々な生活習慣病(脳卒中、動脈硬化、心臓病、高血圧など)、認知症、風邪、壊血病の予防
・便秘解消
・加齢臭解消
・貧血解消
・利尿作用
・むくみ

また腎臓病や心臓病にも効果があるようです。

柿の葉茶、まさに健康や美容にもってこいですね。しかしどの病気や症状も、なってしまってからではなかなか治療や改善が大変なので、柿の葉茶も主に「予防」に役立てたいところです。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶