熊笹茶

熊笹茶

熊笹茶は、皆さんにとっても馴染みの深い「クマザサ」を用いた健康茶です。

熊笹茶の原料となっているクマザサは、山に群生している大型のササ類の総称ですが、通常は「ミヤコザサ」のことを指すようです。

クマザサの葉は、昔から防腐効果や殺菌効果があることが知られており、お弁当の包装やチマキ、笹寿司といったものに用いられてきました。そんなクマザサを使った熊笹茶ですから、やはり様々な効能が期待できます。

熊笹茶の主な成分としては、以下のようなものが挙げられます。

・各種アミノ酸
・葉緑素(クロロフィル)
・トリテルペノイド
・多糖類(アラボキシラン、パンフォリン)
・タンニン
・安息香酸
・ケイ酸
・アンソツコウ酸

熊笹茶には、さらにカルシウムやマグネシウム、カリウム、鉄分といったミネラルや、ビタミンA、B群、C、D、E、Kなどが含まれています。これらは健康な体を保つのに不可欠なものです。

熊笹茶の効能

熊笹茶は健康茶として多くの人に飲まれています。健康茶の場合、普通のお茶と違って、「健康にはいいのかもしれないけど、味がイマイチ」ということも少なくありませんが、熊笹茶はこの点安心。熊笹茶が好きだという人も多いですし、コストパフォーマンスもまずまずです。

熊笹茶の主な効能としては、以下のようなものが知られています。

・胃潰瘍
・腎臓病
・糖尿病
・皮膚病
・ぜんそく
・風邪
・疲労回復
・新陳代謝の促進
・肉芽形成(傷や化膿したもの)
・口臭および体臭予防
・口内炎
・高血圧
・高コレステロール
・肝機能異常

熊笹茶は、もちろんすべての病気に効くわけではありませんが、上記の効能を見ると、「未病」においては良い作用があることがおわかりでしょう。また熊笹茶は、新陳代謝の促進という点で、ダイエットに効果があることもわかります。

さらに熊笹茶口臭や体臭に対する効能も、現代人には見逃せないところです。これらの臭いに悩んでいる人は多いですし、近年では「加齢臭」なる言葉も広く認知されるようになってきているので、「もしかして自分も......」という人は、熊笹茶を飲んでみたらいいと思います。



◆ダイエット
杜仲茶なたまめ茶

◆肌荒れ
どくだみ茶

◆アンチエイジング
すぎな茶

◆胃の不調
たんぽぽ茶

◆便秘
どくだみ茶たんぽぽ茶

◆歯周病
なたまめ茶

◆ノンカフェイン(妊婦・子供)
杜仲茶なたまめ茶たんぽぽ茶